引越しの見積もりの注意点:トラック・作業員

 引越しをする時には出来るだけ荷物を減らしておいた方がいいというのは、引越しの鉄則です。
なぜ荷物を減らしておいた方がいいのかというと、引越し料金に大きく影響をしてくることになるからです。
それというのも、荷物が多ければその分運ぶものが多くなるという事ですので、トラックも大きくなければ運ぶことができません。
そして、運んでくれる作業員も多くなければ、引越しに多くの時間が必要になってしまうのです。
ですので、少しでも引越し料金を安くしたいという事であれば、まずは荷物を減らすことを考えてみるといいでしょう。

 まずは引越し業者に来てもらって見積もりをとる前に、出来るだけ荷物を減らす事です。
やはり運搬するのに大変になるのが、大きな家具や電化製品です。
ですので、必要のない電化製品や家具類は思い切って処分するようにしましょう。
そうすれば、トラックにかさばる荷物を運び入れることがありませんので、トラックの大きさを小さくすることが出来るのです。
そして荷物が少なくなれば、その分作業員の人数も減らすことができるようになるでしょう。
作業員の人数が多くなればその分人件費が必要になってきます。
ですので作業する人数を減らし、その人件費を減らす必要があるのです。

 そこで作業員一人あたりに必要になる費用としましては、20000円から25000円くらいで指定してくる業者が多くなります。
ですので単純に一人作業員を減らすことができるのであれば、二万円程度見積もりが安くなるという事になってくるのです。
そして20000円の業者と25000円の業者では、4人作業員がくることによって、20000円もの差額が出るようになってきます。
ですので、見積もりをした時点でも大きく差が出てくることになるでしょう。

 引越し業者によって見積もりの出し方には差があるようになります。
ですので、少しでも安い業者を見つけれるようにいろんな業者を比較してみるようにしましょう。

コメントを残す