引越し業者誕生の歴史とは

 引越し業者というと、昔からずっとあった業種だと思っている人がいるかもしれません。
引越しをする人は昔からずっといたはずだからです。
ですが、引越業が出来たのはごく最近のことなのです。
それまで引越しをする人はどうしていたのでしょうか?
自家用車を持っている人は自分の車で、そうでない人はトラックなどを人から借りて荷物を運んでいました。
当然素人のやることですから、大きな家具の運搬などノウハウが必要なものも全て自己流で行なっていました。
壁や床にこすりつけて傷をつけたり、輸送中に傷つくことも少なくはありませんでした。
もっと大きな問題は食器などの割れ物です。
新聞紙でくるむなどの簡易的な方法しかありませんでした。
しかも、当時のことですから今ほど道路が整備されていません。
当然割れることも多く、それが当たり前とされていました。
車を自分で用意できない人はどうしていたのでしょうか?
運送会社に頼んで通常の荷物と同じように運んでいました。
こちらも業者が運ぶだけで特に変わりはありませんので、荷物が傷ついたり破損することも多くありました。
昭和50年台になって運送業者が新たに業務拡大を行う中で引越し業を始める所が増えて来ました。
この背景には第一次石油ショックの影響もあります。
運送業自体が不況の影響にさらされていたのです。

 引越し業を始めた運送会社は引越し専門共同組合を結成し、そこから引越し業者の歴史が始まりました。
我々が現在便利に引越し業者を利用することができるのもこういった歴史があってのことです。
その後、運送業だけでなく引越しを専門で行う業者も登場し、各社がサービスを競い合うなかで様々な付帯サービスも生まれてきました。
当初はおざなりになっていた荷物の保護や運搬のノウハウも積み重ねられていくうちに確立されていき、現在では各社が独自のサービスを行なって価格以外の競争も行なっています。
このようにして今は安心して引越しを行うことが可能になりました。

コメントを残す