海外引越し業者を選ぶポイント

海外引越し

 海外引越し業者を選ぶ際は、料金だけでなくサービスも重視する必要があります。
その中でまず重要と言えるポイントは、日本語サービスです。

 日本国内での打ち合わせや対応は日本語で行いますが、海外でのやり取りは現地の引越し業者に任せる業者もあります。
その場合、しっかりとした打ち合わせや対応が行えず、トラブルとなるケースがあります。

 そのため、一貫して日本語サービスを提供している業者であれば、安心して満足のいく対応をしてもらえる可能性はかなり高くなります。特に外国語に堪能でなければ、このサービスは必須と言えます。

 次に、信頼できる運送サービスを行えるかどうかが重要なポイントです。
特に海外引越し業を営むには、国土交通省から「外航運送に係る第二種貨物利用運送事業」に対する認可を得る必要があります。
この第二種貨物利用運送事業とは、日本国内での荷物の梱包・引取・トラック輸送、船便等の外航利用、船が現地港に到着した後、輸入通関、家までの配達などの海外引越しにおける一連の業務のことです。つまり、その認可があるということは、知識と技術をもち信頼できるサービスを行うことができることを、国から認められているということです。

 そのため、一貫した信頼できるサービスを行えるかどうかの指標となるのです。
また、海外引越しは輸出通関や輸入通関における手続きが非常に難しいことが特徴です。書類の作成を代わりに行ってくれたり、難しい手続きのサポートを行ってくれることも大切なポイントです。

 さらに、出入国だけでなく、引越し後の現地での様々な手続きや生活における問題をサポートするサービスがあれば、より信頼できる業者であると言えます。
海外引越しは何回も経験することではないので、誰しもが不安に感じます。また、海外での生活も慣れていないことが多く、不安がつきまといます。そのため、海外引越し業者を選ぶうえで、信頼できるサービスを提供しているかどうかがとても重要になります。

コメントを残す