さすがはプロです。アート引越センター。

「さすがはプロ」
 これまで長い期間単身用アパートに住んでいましたが、10年近く同じ部屋に住んでおり、さすがに気分を変えたいと思うようになり、マンションを購入し引越しをすることを決めました。

身軽な独身とはいえ、大きな家具は個人では運びようがありませんので、引越し業者を利用することに決めました。ただ引越し業者なんていろいろな会社がありどの会社を利用するかはまったく決めていませんでした。

 悩んだ結果、インターネットを利用して見積もりを依頼し、そのなかでよさそうに思ったアート引越センターを利用することに決めました。
引越しまでの手続きは思ったより簡単に進める事ができ、引越し当日も「さすがはプロ」と思わせる迅速かつ荷物にダメージを与えないよう気を配りつつ運ぶ技術に関心しながら作業を見守りました。作業をされる方々も元気が良くこちらまで元気をいただきました。
 引越し先のマンションでも荷物を思ったとおりの配置にしていただき、今回はアート引越センターを利用して満足しています。

全て作業を引き受けてくれるサービス
 古い一戸建ての借家に住んでいました。昔はのどかな田園風景が広がる静かな住宅街だったのですが、近くに新幹線の駅ができてから風景は一変しました。

大型スーパーや飲食店、家電量販店などが建ち始め、今もどんどん新しい店舗が増えています。買い物は便利になりましたが夜遅くまで営業している店も多く、治安が悪い状態になってしまい、不安を感じるようになりました。家の周りに並べたお花のプランターを引っくり返されたり、塀にスプレーで落書きされたこともあります。

 私はすっかり精神的に参ってしまい、夫が心配して引っ越すことを決めたのです。今度はセキュリティのしっかりしたマンションに移ることにしました。私は体調が悪かったので引越し準備にかかる気力もなく、引越し業者が全て作業を引き受けてくれるサービスを利用してみようと思いました。数社を検討した結果、アート引越センターさんにお願いすることにしたのです。おまかせパックと言うものです。本当にその名の通り、お任せできたので私はとても楽でした。

アート引越センターのおまかせパックはラクチンでラクチンで

 女性、50代、主婦です。ときどき、パートにも出ています。さて、早速引っ越しの話題ですが、まず引っ越しをした理由ですね。それは、以前住んでいたマンションの日当たりが悪いことですね。引っ越した当初は、日当りに関して問題は無かったのですが、近くにタワーマンションができましたので、時間帯によってはどんよりと日陰になるのですよね。

 ですから、引っ越しを決めました。引っ越し先は他県です。結構思い切りましたよね。それで、お願いした引越し業者は「アート引越センター」です。「おまかせパック」といえば、思いつく引っ越しセンターは「アート」ですから。一度、おまかせパックを利用してしまったら、もう自分で荷造りおよび荷解きをする引っ越しはできませんよね。もうね、心の負担がまったく違いますから。おまかせパックはラクチンでラクチンで。確かに料金は、ほとんどを自分で準備する引っ越しパックに比べたらお高いですが、けれどその分はパートで補ってもいいほどに、面倒が軽減されるのです。

嫌な顔一つ見せずに相談に乗ってくれて感謝。

アート引越センター感謝
 通勤時間が長い。これが私の悩みでした。以前のマンションに住んでかれこれ10年が経ちましたがアッという間でした。年齢も40代でしたので念願のマイホームを検討していたところ都心で勤務地に通勤が便利で尚且つ割安の一戸建てが出ていたので休みの日に見に行ったのがことの始まりでした。あれよあれよという間に契約し引越しをすることになったのです。
 家を買うときは皆さんのこういうものなのでしょうか。急展開で驚きました。完成していた一戸建てなので引越しの時は直ぐきました。色々と知り合いに相談した結果アート引越センターに決定しました。アートさんは我々の急に決まった引越しの相談で無理難題を言っているにも関わらず嫌な顔一つ見せずに相談に乗ってくれました。お蔭で前日まで仕事に追われていた私を完璧にサポートしてくれました。今度誰かに引越し業者を聞かれたら間違いなくアート引越センターを紹介します。アート引越センターなら間違いなしです。

アート引越センターのハーフパックは便利

私は専業主婦です。引っ越しをした理由ですか?それは、前に住んでいたマンションの設備が古いのがイヤだったことですね。

 まあ、前のマンションの愚痴はさておき、今回の引っ越しについてのお話しをしましょう。今回の引っ越しにて利用した引越し業者は「アート引越センター」です。ちなみに、同じ市区内への引っ越しです。今回は「ハーフパック」でお願いしました。簡単に言ってしまえば、荷解きのみ自分たちでおこなう引っ越しパックです。

 私は現在はパートもしていませんから、時間だけはあるので、まあ荷解きぐらいは自分でやろうと、「ハーフパック」を選びました。苦手なというか、億劫に感じる荷造りをお願いできただけでもありがたいですね。久しぶりの引っ越しに、実は少々緊張していましたが、引っ越し事態は滞りなくおこなわれました。ただ、私の作業パートである「荷解き」が遅々として進んでいない現状はありますが。まあ、気長にぼちぼちおこなっていきます。