家族っで引っ越すコツとポイント:子供の転校手続き

家族で引越し
 引越しを行うときに、お子さんの居られる家庭で忘れてはならないのが転校手続きです。
引越しのかなり前から準備しなければならないこともありますので、引越し業者に依頼するのに遅れることなく準備しましょう。

 まずは学校側に連絡する必要があります。
お子さんの担任の先生に連絡しましょう。
時期は学校側にも準備や手続きがありますので1ヶ月は前から連絡して置いたほうがいいでしょう。
現在通っている学校に書類を発行して貰う必要があります。
「在学証明書」と「教科書給与証明書」です。
どちらも学校に行けば用紙を渡されるので必要事項を記載し押印します。

 この他に転校届という書類を渡される場合もあります。
在学証明書を記載したら教育委員会へ行き、提出して「転入学通知書」を受け取ります。
教育委員会のある場所がわからないという方は市役所をチェックしてみてください。
教育委員会は市役所に設置されている場合が多いです。
この手続で新しい学校への転入が決定します。

 ここまでの一連の流れで「在学証明書」、「転入学通知書」、「教科書給与証明書」(と転校届)が手元に揃うと思います。
転校先の学校へ連絡し、お子さんと一緒に訪問してこれらの書類を提出、転校の手続きを行いましょう。
新しい教科書等、必要になるものを確認してお子さんが安心して通学できる環境を整えましょう。

 これで法的に必要な手続きは終了になりますが、それ以外にも大切な点があります。
お子さんは新しい環境へ様々な不安を抱えていることだと思います。
よくコミュニケーションを取ってケアしてあげてください。
幼少期の環境の大きな変化は子供にとって大変なストレスになり、心に大きな影響を与える場合があります。
新しい通学路の安全を確認して、危険な場所がないか確認しましょう。

 また、新しいご近所のお友達などに一緒に挨拶して一刻も早くお子さんが新しい環境へ適応していけるように手伝ってあげるといいでしょう。

こういった手続き以外のことも大切ですので忘れないようにしてください。

家族っで引っ越すコツとポイント:トランクルームの利用

 引越しというのは、何も新しい住居に移るときだけ行うものではありません。
最近では、古い住居のリフォームや建て替えというのを行っております。
テレビ番組でも、そんな番組をよく見かけます。
リフォームや建て替えの間、済んでいる人の家具や家電などがあっては、リフォームや建て替えをすることができません。
そこで一般的には、リフォームや建て替えをする際には、中に入っている荷物を全て運び出します。
その荷物は誰が運び出すのかというと、引越し業者です。
これまでの長い生活の中でたまってきた荷物、これらを全て運び出すのには、とても家族だけでは手が足りません。
業者の手を借りなければならないのです。

 そこに住んでいる家族は、リフォームや建て替えの間は、どこか別の場所に住めばいいことです。
しかし、運び出された荷物はどこに行くというのでしょうか。
もちろん、必要な荷物は仮住まいの地へ持っていくということもできます。
しかし、全て持っていってしまったら、今度は仮住まいがパンクしてしまいます。

 その点も心配はいりません。
引越し業者では、会社でトランクルームというのを所有している場合が多いのです。
トランクルームというのは、最近利用者が増えている収納のこと。
どんなトランクルームを利用するかというのは、業者によってまちまちです。
単なるコンテナという場合もありますし、温度や湿度の管理が行き届いたビルの中で管理されている場合もあります。
もちろん利用者としては、後者のほうがありがたいのは言うまでもありません。
大切な家財道具ですので、確実に保管してくれるようなところを選びたいもの。

 家財道具だけではありません。
もし高価な美術品などがあったとしても大丈夫です。
高価な美術品は、専門の美術輸送というものを行ってくれます。
この利用方法ですが、引越しの依頼の際に一緒に依頼をすると、料金もお得ですし、手続きも非常にスムーズになりますので、
おすすめです。