引越し業者を利用するメリット・デメリット

引越し業者
 引越しを依頼するならば、やはり専門の引越し業者です。
専門業者ならではのメリットというのがあります。

 まず最初に挙げられるメリットは、全てお任せできるということ。
もちろん、全てお任せしなくても、自分でできることを自分でやれば、それなりに料金を安くあげることができます。
しかし引越しというのは、実際に住居を移す以外にも、こまごまとした手続きなどがあり、かなり目の回るような忙しさ。
せめて住居を移す作業くらいは丸ごとお任せできれば、その負担も軽減できるというものです。

 次のメリットは、万が一の補償があるということ。
引越し業者に依頼をすると、ほとんどの業者では保険を付帯してくれます。
保険があれば、万が一荷物が破損したり傷が付いたりしても、補償がついていますので、安心です。
自分の荷物ならばまだしも、マンションへの引越しで、共用部分に傷を付けた場合、請求額も高いものになりますので、
これはありがたいです。

 ほかのメリットとしては、サービスが豊富であるということがあります。
不用品を引き取ってもらうサービスがあったり、バイクや車の輸送といったことも行ってくれます。

 もちろん、引越し業者を利用する際には、メリットばかりではありません。
デメリットもありますので、そのあたりもよく考えることが必要です。

 まずは、単身の引越しの場合です。
業者によっては、単身パックというものを用意して、その分安くしています。
しかしこの単身パック、荷造りは自分でしないといけないので、ちょっと面倒です。

 繁忙期の引越しも、あまりメリットがあるとはいえません。
繁忙期においては、社員だけでは足りず、臨時にアルバイトを雇っているものです。
アルバイトとはいえ、それなりの研修は受けているのですが、やはり社員と比べると仕事はいまいち。
結局時間がかかってしまうということもあります。

 そして、精神的なストレスも結構たまります。
荷物の置き場所をいちいち指示しなければならないのが、結構なストレスになります。

引越し業者のメリット・デメリット:引越し専門業者

 引越し業者の台頭には目を見張るものがあり、需要があるから供給があるという市場原理に基づいているとしても新規参入する業者が多い事には驚くばかりです。アリ、ペリカン、象、キリン、あひる、パンダなどの動物のキャラクターのトラックを見かけない日はないに等しく、その他にも、飛脚やあれこれと様々な業者が入り乱れた競争をしていように感じられます。

 一般的な家庭が引越し業者を選ぶ基準はどこにあるのかを考えますと、やはり、TVCMの露出度が多いところになると思いますが、個人的な見方をすれば、過去の宅配対応サービスや、センターでの電話対応、レスポンスが一つの目安になると考えます。以前の勤務先で、発送した荷物が、何等かの不備により、道路上の落ち、後続車に轢かれ、中の荷物が壊れるという事態が発生し、その際は業者の幹部の方が謝罪に来ましたが、会社としては当然、取引を止めたということもあり、わたくしの中では、そのマークの業者は荷物の取り扱いが乱暴というイメージがあります。また、その後、取引を開始した別業者も、集荷センターの担当者の対応とレスポンスの悪さから変えざるを得ないとの結論に達し、その会社も、あまり良くは思っておりません。そういった現実を踏まえますと、物流では国内最大手の元国営企業が安心であるようにも感じますが、当時は殿様商売をしていたため、新規業者の新サービスにより市場を失ったとも思います。
 例えば女性スタッフだけによる極めの細かいサービスを売りにしたり、環境に配慮したパッケージを開発使用するなど、独自のサービスを展開する業者も現れ、群雄割拠状態にあるのが、この業界です。それにしても、あれ程TVCMを放映できるだけの資本力を持つ、この業界全体の損益分岐は一体どのようになっているのか、不思議に思えます。サービスが豊富になればなるほど、人件費はかさむでしょうし、一般家庭であれば、それ程頻繁に利用する業態ではないと感じます、実際の利用には、複数見積もりを取り、その際に、どのような感じで訪問してくるのか、営業マンだけなのか、引越の実務者も一緒なのか等をチェック項目とするのが良いようにも感じております。

引越し業者のメリット・デメリット:引越しと運送の兼業業者

運送
 引越し業者の中には、専業で引越し業だけをやっているところだけでなく、兼業でやっている業社がいます。
運送業をメインとして、特別に引越しの依頼を受けた時にだけ引越し業として活動している業社です。

 運送業も引越し業もトラックや梱包機材などの仕事に用いる道具は共通です。
業者側としては、運送業で使っている機材はそのままに、新たに業種を広げて仕事を受けることができるというメリットがあります。
利用者の側のメリットとしては通常の専業引越し業社よりも低料金で受けられる場合があるということです。
なぜ兼業業社による引越しは低料金で受けることができるのかと言うと、あくまで運送業の一形態と捉えているからです。
運送業も最近では顧客の家に直接出向いて荷物を受け取り、それを相手先に届けるサービスを行なっているところも少なくありません。
そういったサービスの延長だと思ってもらえばいいと思います。

 ただし、この点はデメリットにもつながる部分です。
通常の引越し業者は毎日引越のお手伝いをしているので、作業に慣れています。
しかし、兼業業社ではそれほど引越業をこなしているわけではないので、どうしても経験値やノウハウと言った面では専業業社に劣ることになってしまいます。
家の中に入って梱包のお手伝いをしたり、タンスやピアノなどの大型の家財を手際よく運び出すなどの時には専業業社より余計な手間や時間がかかってしまう可能性もあります。
実際には、作業に当たる作業員の技量に依存する所が大きいので、兼業業社全般が手慣れていないということはないのですが、業者選びは慎重に行う必要があります。
通常の引越し業者を比較するように、複数の業社に問い合わせてみてその対応から決めると良いでしょう。
兼業業社はうまく利用すれば専業業社よりも低料金で引越しを済ませることができるので、引越し資金に余裕のない方や大きな荷物の少ない方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

引越し業者のメリット・デメリット:大手引越し業者

大手引越し業者
 引越し業者にも、規模によって様々なレベルがあります。
大手もあれば中堅もあります。
軽貨物を使った引越し業者や便利屋というところまで、引越しを承っています。
その中でも、今回は大手の業者に関してメリットとデメリットを紹介します。

 まずは、メリットです。
何といっても、全国展開をしているというのが大きなメリット。
転居をするのは、何も近場だけとは限りません。
東京から鹿児島に転勤のために転居するということもあります。
場合によっては、海を越えて沖縄や海外へ引っ越しをするという場合も。
そんなときにも、大手であれば全国展開はもちろんしていますので、荷物の受け渡しなどをしっかりと行うこともできます。
引っ越し後のアフターサービスも、近くに営業所があれば簡単に受けることができます。

 安心感というのも大きなメリットです。
荷物の中には、デリケートな荷物もあります。
引っ越しの際にそれらを破損してしまったら、元も子もありません。
もちろん、大手であれば、そういった破損リスクは限りなく低いです。
しかし、世の中に完全という言葉はありません。
万が一破損という事態になったとしても、大手であれば保険に加入をしてくれるので、相当額を補償してくれます。

 引っ越しの前には見積りをとるのですが、その見積りも丁寧です。
電話一本で見積もり完了などという、そんないい加減なことはしません。
もちろん、電話やインターネットでも見積りの依頼を受けてはいますが、必ず見積りの担当者が自宅まで足を運びます。
立地条件や家財道具の量などを見て、よりリアルな見積もりを出してくれます。

 しかしデメリットもあります。
それは、高料金であるということです。
安心と信頼にお金を払っているのだと考えれば、決して高いとは思えませんが、それでもやはり高いです。
少しでも安くしたいのであれば、平日の午後に引っ越しを依頼することや、
パック料金を上手に利用するなどの対応が必要となります。