引越し業者のメリット・デメリット:便利屋

 最近では、ありとあらゆる仕事を承ってくれる業者というのが登場してきております。
それは「便利屋」という業種です。
名は体をあらわすと言いますが、本当に便利です。
公序良俗に反する行為でない限り、何でもやってくれるのではないかというような勢いです。
もちろん、引越しの作業も行ってくれます。

 では、便利屋に引越しを頼むと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、安いということです。
もちろん、専門の引越し業者であっても、お得なパック料金を使うことで安くすることはできます。
しかし、パック料金が使えない人などにとっては、専門の引越し業者の料金は高く見えてしまいます。
その一方で、便利屋の場合には、ベースとなる料金が安いです。
それに、料金制度も違います。
距離制ではなく、時間制を取るのです。
時間制と言うことは、早く終われば終わるほど、料金は安くできるということです。
自分も手伝ってあげれば、かなり作業も早く終わらせることもできるので、その分安くなります。

 しかし、デメリットもないわけではありません。
まずは、専門的なスキルが不足しているということです。
何でも屋ではありますが、どの道においても専門的というわけではありません。
専門的なスキルという点からすると、専門の引越し業者にはかないません。
それは、特に大型の家具や家電を運ぶときに如実にあらわれます。
専門の業者であれば、いとも簡単に持ち上げる割には、扱いは非常に丁寧です。
他には、保険に加入していないということがあります。
引越しには予期せぬアクシデントもつき物です。
もしかしたら、荷物が破損してしまうという可能性も。
専門の業者であれば、そこで保険から補償をしてくれるわけですが、保険に加入していないことが多い便利な業者の場合は、
補償はありません。
そして、そもそも人手が足りないという問題もあります。
専門業者のスタッフの人数からすると、明らかに頭数が足りません。

引越し業者のメリット・デメリット:中堅引越し業者

 一般的に知られる引越し業者と呼ばれる会社は、引越を専門に行う業者と、輸送などを行う業務が主体でありながら、引越しも行うと言う2つの種類が有ります。
大手の引越し会社と言うのは、昔から引越し業を行っている会社が多く、中堅引越し業者から大手の会社までがこれにあたります。
また、輸送を行い、尚且つ引越しの業務も行う会社の場合は、小さな会社もあれば、有名な大手の会社もあり、価格帯の格差が激しいと言えます。
そのため、引越しを行う際には、1つの会社に直ぐに決めるのではなく、少しでも安く引っ引越しが可能な業者を探す事がコツと言えるのです。

 引越し業者の探し方は、どうすれば良いのかと言いますと、インターネットを使うのが最も最適な方法と言えます。
昔ならば電話帳などで引越し会社の電話番号を調べるなどして、見積りの依頼を行ったものですが、今では比較サイトを利用する事で、複数の業者を見つける事が出来ます。

 比較サイトには、様々な業者が登録を行っており、そこには引越しを専門に行う会社も有れば、宅配などの業務を主体としているような業者も有ります。
輸送における業者は、大きなトラックを所有している事もあり、引越しの業務も看板として行うようになるわけです。

 登録されている業者の中から、いくつかの業者を選んで見積りを作って貰い、見積りの内容や対応の良し悪しなどを考慮して、現在住んでいる家に来て貰って、本見積りを作る形になります。
比較サイトでの見積もりは、あくまでも概算であり、実際に荷物などを見てもらう事で、料金決まります。
また、料金の中には作業員の数やトラックのサイズなどが含まれています。

 最近は、いくつかのプランが用意されており、引越しのスタイルに合わせてプランを選べるようになっていますので、自分に有ったプランを提供してくれる業者ほど、安く引越を行える可能性が高くなります。
そのため、選ぶ基準にプランの良し悪しを考慮する事も大切なのです。

引越し業者のメリット・デメリット:軽貨物引越し業者

軽貨物引越し業者

 引越しを承っているのは、何も専門の引越し業者だけではありません。
便利屋でも引越しを承っていますし、軽貨物の業者も引越しを承っております。
特に注目を集めているのが、軽貨物引越し業者。
そこにはメリットがあるのです。

 まずは、低料金であるということです。
専門の引越し業者の場合には、距離制の引越し運賃を採用しております。
距離制の場合には、近距離で多い荷物の引越しには威力を発揮しますが、長距離の引越しとなると、料金がかさみます。
便利屋の引越しの場合には、時間制の運賃を採用しているところが多いです。
時間制の場合には、自分で手伝えば早く終わり、その分低料金になりますが、そうでない場合は高くつきます。
では、軽貨物引越し業者はどうなっているかというと、どちらの料金制度も採用しています。
そのときの状況に応じて、適宜料金制度を変更しているのです。
これならば、常に低料金が期待できます。

 また、軽貨物という車の場合、非常に小回りが利きます。
引越しの専門業者のトラックでは、なかなか細い道や曲がりくねった道などでの駐停車が大変です。
しかし、軽貨物でしたら、そのような道でもすいすい入っていってしまいますので、大変に便利です。
入口近くまで車をつけられますので、結果的に作業が早く終わるのです。
軽貨物ですと、そんなに荷物が積めないのではと思いがちですが、そんなことはありません。
最大の積載は350キログラムです。
荷物にしますと、エアコン、スキー机と椅子、シングルベッド、テレビ、パソコン、小さな冷蔵庫、食器棚、ダンボール10個を一度に運ぶことが出来るのです。

 もちろん、メリットばかりではありません。
軽貨物の引越し業者の場合には、スタッフの数が引越しの専門業者よりも少ないです。
一人暮らしの引越しなどではそれでもいいでしょうが、ファミリーの引越しとなると、なかなか大変です。
また、あまりにも長距離だったり海外への引越しの場合には、受け付けてくれないこともあります。