引越し料金の決め方

引越し料金
引越し業者は引越し料金をどのような仕組みで決定しているのでしょうか?
出来るだけ安く賢く引越しを行うためには、引越しの料金の決定されるプロセスも知っておくといいと思います。
引越し料金の基本は、「運賃+実費+付帯サービス」です。

まず、運賃についてご説明します。
引越し業の運賃は国土交通省が「標準貨物自動車利用運送(引越)約款」という法律によって決めています。
具体的には時間制、距離制の2つに分けられます。
時間制は基礎時間というものが定められており、その区分によって料金が変わります。
基礎時間は4時間と8時間で、更に軽貨物運送業者は2時間と8時間の基礎時間があります。
この時間をオーバーすると、1時間毎に更に料金が追加されるという仕組みです。
距離制は引越しを行う距離によって料金が変わるものです。
時間と同様に基礎距離というものがあり通常は100km、軽貨物運送業者は30kmと定められています。
こちらも時間制と同様にオーバーすると追加料金がかかります。

続いて実費について説明します。
引越しを行うには業者の人件費や梱包機材などを用意する経費など作業料金がかかります。
これらをまとめて実費と呼びます。
この部分は業者によって異なるので、見積書をチェックしてどこが安いのか比較して検討する必要があります。
安ければいいというものでもなく、ちゃんと梱包してくれるかどうかなど、詳しく業者と情報交換して誤解が無いようにする必要があります。

最後に付帯サービスです。
これは引越しとは直接関係がなく、例えば運んだ家財道具をそのまま新居に設置してもらえる、防災対策を家具に施して貰えるといった引越しに付帯するサービスにかかる料金です。
当然、何のサービスもないほうが料金は安く抑えることができますが、例えばエアコンの電気工事など、結局引越し後に行わなくてはならなくなる作業の業者を新たに手配する手間が省けるといったメリットもあります。
自分に必要なサービスかどうかよく検討して利用する付帯サービスを決めるのが良いでしょう。

引越し業者の梱包資材と荷造りで安くする方法

ダンボール
 引越し業者の引越しプランの多くは、幾つかのパターンが有ると言えます。
1つは、荷造り、搬出、輸送、搬入、設置、そして荷解きおよび収納と言う事を全て一括で行うプランです。
このようなプランは、全てを業者に任せますので、引越を行う人はとても楽を出来ると言う利点があります。
しかし、全ての作業を引越し業者に依頼をする事になりますので、当然ながら費用は割高になると言えます。

 また、最も多いプランは、荷造りと荷解き、収納は引越を行う人が行い、搬出と輸送、搬入、設置と言う作業を業者に依頼するプランです。
因みに、設置というのは、大きな家具などを指定の場所に運んで貰う事を意味しており、食器棚、タンス、冷蔵庫、洗濯機などが対象となります。

 尚、プランの中にはこのようなプランを用意している引越し業者も有ります。
荷造りや荷解きなどは依頼者が行う事は先ほどのプランと共通している事なのですが、業者にお願いするのは、大きな家具や家電品と言った大き目の品物だけを搬出、輸送、そして搬入および設置をして貰うものです。
ダンボール箱に詰めた品物は、レンタカーを借りたり、マイカーなどを利用して自らが運ぶという方法です。
このようなプランの場合は、運ぶ量が少ないことからも、作業人数を少なくする事が可能になります。
また、荷物の量が少ないわけですので、トラックも小さい車で輸送を行う事が可能になるのです。

 引越しは、作業を行うスタッフの人数やトラックのサイズで費用が代わりますので、大幅に節約する事が出来ると言うメリットがあるわけです。

 レンタカーを利用して引越を行うと言う方法もあるわけですが、マイカーを所有していて、しかも引越し先が近ければその分輸送も楽になります。
また、ダンボール箱などの梱包資材も、往復を行う事で節約する事が可能ですし、スーパーなどに行けば、ダンボール箱を無料で貰えることからも、このようなダンボール箱を利用すれば、梱包資材を節約し、安い費用での引越しが可能になるのです。

長距離の引越しをお得にする方法

長距離
 一般的に、引越し業者の料金というのは、距離制を採用しているものです。
旧居と新居の距離が遠ければ遠いほど、料金は高くなる傾向にあるのが、距離制の特徴です。
だからといって、すでに決まってしまった新居ですので、新居の場所を近くするというわけにも行きません。
しかし、あまりにも引越し料金が高くなるというのも、好ましくありません。
そういった場合、引越し料金を安くするためにはどうすればいいのでしょうか。

 まず挙げられるのは、混載便を利用するものです。
混載便というのは、同じ地域や同じ方面に、同じ時期に引越しを検討している人が、
他の人とトラックを一緒にして荷物を運ぶというものです。
例えば、トラックが1台あるとして、その中にはAさん、Bさん、Cさんの荷物があるとします。
荷物は3人分あるのですが、人件費やトラック代、高速代などはあくまでもトラック1台分です。
トラック1台分の価格を3人で割り勘すれば、料金は3分の1になるわけです。

 これは、業者側にもメリットがあります。
同じ方面に同じ時期に行くのであれば、極力用事は1回で済ませたいものです。
それが遠距離であるならばなおさら。

 ただし混載便には注意点があります。
配送時間の指定はできない場合がほとんどなのです。
ですので、人は先に到着したが荷物が一向にこない、という場合もあります。

 もう1つお得な方法として、帰り荷便を使うというのがあります。
これはどういったものかというと、例えば東京から大阪に引越しをしたトラックは、再び東京に戻らなければなりません。
しかしこのままですと、帰るときの荷物は空っぽですので、もったいないですよね。
そんな時、仮に大阪から東京に引越しを希望する人が現れた場合、その帰りの便に荷物を載せることが出来るというものです。
業者にとっても、トラックをむだにすることもありませんし、引越しをする人にとっても、通常よりもお得に引越しできます。
ただし、当然ながら日時の指定はできません。