女性にやさしい引越し業者のサービス

引越し女性
 引越しをするというのはとても大変なことです。
まずは引越し先をさがし、気に入った物件が見つかるまでにとても時間が必要になります。
そして、それから契約をして引越しをするようにはなりますが、その時には引越しの準備をいろいろしなくてはなりません。
まずは荷物をまとめたりするだけでも大変です。

 例えば、女性一人の引越しだとしても、荷物はそれありにあるものです。
女性の場合であれば、身につけるような服がたくあんあったり、バッグやアクセサリー等細かいものなどもいろいろあることでしょう。
ですので、引越しの準備をする段階で疲れてしまうようになるのです。
そして引越しをするのであれば、引越し業者を選ぶようにしなくてはなりません。

 その時には、どういった業者を選ぶのがいいのでしょうか。
引越しをしてくれる業者はとてもたくさんありますので、その中からじっくりと選んでいきたいものです。
そこで、料金が安い所を探すのもいいでしょう。

 しかし女性の引越しなのであれば、料金が安いというところを探すよりも、いろんなサービスを重視して選んだ方がいいと言えます。
例えば、業者のサービスの中にあるものとしては、女性スタッフが引越しをしてくれるというものがあります。
男性に見られると恥ずかしいようなものでも、同じ女性同士なのであれば、あまり恥ずかしくないものです。
ですので、気兼ねなく引越しをすることができそうです。
その他にもあるのが、家具の移動サービスです。
家具というのは女性一人の力では動かすことが難しいものです。
ですので、こういったサービスもとても魅力的でしょう。

 そして何よりもありがたいのが、盗聴器発見サービスです。
もしも引越し先に盗聴器が仕掛けられているようなことがあれば、気持ちのいいものではありません。
ですのでそういった不安をなくすためにも、盗聴器発見サービスをしている業者を選ぶと、安心して新しい部屋で暮らすことができるようになるでしょう。

引越し業者のサービス:特殊な荷物

 引越しをする際には、布団やベッド、家具や家電といったものを、引越し業者のスタッフに運んでもらいます。
ほとんどの荷物に関しては、大して気を使わないでもいいようなものばかりです。
しかし中には、注意をしなければいけないものもあります。
いわゆる「特殊な荷物」というものです。
 
 引越しにおける特殊な荷物には、どのようなものがあるのでしょうか。

 まずはピアノです。
これは、見た感じでかなりの重厚感があふれておりますが、実際に重いです。
重いだけならばまだしも、繊細な荷物でもあります。そういった性格上、この楽器の運搬に関してのみは、引越し業者が行うのではなく、
この楽器の運搬専門業者によって行われます。それほど難しい荷物なのです。どこの引越し業者に老いても、対応は一緒です。
ピアノの運搬に関して、特に苦労をするのがグランドピアノ。
これは、縦も横もとにかく大きいです。
まずは、脚を外して、音を出すハンマーをしっかり固定します。その上でしっかり梱包して部屋から運び出すのですが、玄関から出しにくいときには、窓からクレーンなどを使って搬出や搬入を行います。
専門業者に依頼するので、別途料金が発生します野で、注意しましょう。

 その他の特殊な荷物としては、美術品や貴重品があります。
これらの場合には、さほど重厚感のあるものではありませんが、取扱に注意が必要です。
これに関しては、引越しの業者が行います。美術品の輸送などに関しては、卓越した技術と経験があります。
ですので、安心して任せても大丈夫です。万が一破損してしまった場合でも、保険の適用となりますので、安心です。

 そして、危険物の運搬についても注意が必要です。
まずは、石油ストーブや石油ファンヒーター。これらの器具は、中に灯油が入っている状態では運搬することができません。
また、ガソリンを使用する耕運機なども、中にガソリンが入っている状態では運搬できませんので、必ず中の燃料を抜いておきましょう。

引越し業者のサービス:設置・配置

 新築マンションを購入したり、一戸当てを購入したりするのであれば、その時には新しく家具や家電を買い揃えるという人もいるでしょう。
その時には、引越し時に購入した店舗の人が設置をしてくれるようになるはずです。

 しかし新しく家具や家電を購入するのではなく、今までに持っていたものを取り外してそのまま新居でも使うようにするという事もあります。
そういった場合には、どのようにすればいいのでしょうか。

 例えば冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどに関しては、自分で取付けをするというのはかなり難しくなってくることでしょう。
もしも知り合いの人の中に詳しい人がいるのであれば、そういった人にお願いするというのでもいいのかもしれません。
しかし、エアコンなどの取り付けに関していえば、家自体に穴をあけることになってしまいますので、万が一のことがあった時には大変です。
ですので、そういった取り付けを知人にお願いするというのは、トラブルになりかねませんのでやめておいた方がいいでしょう。
それでは誰に依頼をすればいいのかという事になりますが、その時には引越し業者に依頼をしてみるようにしましょう。

 その時には費用はどうなるのでしょうか。
費用に関しては、業者によって差が出てきます。
無料で設置や配置をしてくれるような引越し業者もあれば、有料でしてくれるところもあります。
ですので、どういった風なサービスをしている業者なのかというのも、引越し業者を選ぶ際には、ポイントとして抑えておくといいでしょう。

 もしも費用が必要になったとしても、わざわざほかの業者を探して依頼をするというのも、手間も必要になりますので大変です。
引越しの時には、手続きなどもいろいろありますので、少しでも手間が少ない方がいいと言えます。
ですので、出来る事ならば他の業者を探すのではなく、そのまま引越しをする業者に依頼をするようにしておけば、何かあった時にも安心できますので、そうしておいた方がいいでしょう。

引越し業者のサービス:不要品の引取

 引越し業者を選ぶとき、あなたは何を重視していますか?
料金が安いというのはもちろん大事ですし、梱包技術が優れているのも安心感があります。でもそれだけではありません。業者によって、さまざまなサービスがあります。その中で意外に見落としがちなのが、不要品の引取です。

 引越しとなると、どうしても処分しなければならないものが出てきます。新生活を始める場合、家電製品を買い換えることはよくありますし、新居の大きさなどさまざまな条件によって、今まで使っていたものが不要になることは十分に考えられます。当たり前のことですが、引越しの際に出るゴミの多くは、通常のゴミの日には出せないものがほとんどです。ところが引越しの準備で何かと忙しく、不要品のことまで頭が回らないことが結構あるのです。大型ゴミの処理を依頼するのを忘れていて、引越し当日になって大慌てなんてことも。へたをすると、荷物といっしょにゴミも新居に持ち込むことになったり、後日旧居に戻ってあらためて地域のゴミ処理場に出向くことにもなりかねません。

 そうならないためにも、見積もりの際に引越し業者によく相談することが大切です。業者によっては、不要になった家具や家電を無料で引き取ってくれるところもあります。有料の場合でも、1万円程度でかなりの量を処分してもらえるようです。ただし、パソコンや仏壇など、品物によっては引き取ってくれないものもあるので、これも事前によく確認しておきましょう。家電の買い替えの場合は、販売店に下取りしてもらうのが一番です。
いずれにせよ大切なのは、不要品の引取ということを引越し業者を選ぶ際のポイントの一つとして最初から頭に入れておくことです。引取サービスがセット料金に含まれているのかオプションなのか、数に制限はあるのかなど見積もりの際に確認しておくべきことは結構あります。リサイクルショップを系列で持っている業者は、不要品を買い取ってくれることもありますから、状態のいい家電などが不要となった場合などは検討してみてもいいでしょう。