引越し業者のサービス:防災対策

防災対策

 室内の家財道具に防災対策を施しているでしょうか?
大きめの家具の固定や、転倒防止用部材の設置など、室内で地震や火災に対する防災方法は色々ありますが、設置する上で問題となることがあります。
特にタンスや食器棚などの大型の家具の場合、一度どかすなどしてからそういった処置を施さなくてはならないため、一人で行うのが難しいのです。
一人暮らしの方や女性、高齢者が主体の家庭では、防災対策をしようにもなかなか難しいということがあるのではないでしょうか?

 引越しの際に、そういった難しい防災対策を引越し業者に一緒にやってもらうという方法があります。
引越し業者の中には、サービスとしてこうした防災への対策を行なっている業者があります。
具体的には自身の際に転倒しやすい大きな家財道具を突っ張り棒などの器具を用いて固定するなどです。
他にも引越しの荷物を室内に運び込むときに、転倒防止用のマットをまず床の上に敷き、その上に家財道具を設置して防災用具を設置するといった、一人では難しい対策も引越しと同時に行なってくれるのです。

 例えばマンションの高層階に初めて引っ越す場合を考えてみましょう。
そういった建物に住んだことのある方ならお分かりだと思いますが、大したことのない揺れでも建物の上部に行くに従って揺れが激し感じられる、といった現象が起こります。
そういった場合に防災への備えがあるかないかでは安全性に大きな違いが生じます。
こういったことは何か機会がないと案外やらないものです。
大切なことだからやろう、やろうと思っていても、結局面倒くさくなっていつの間にか忘れてしまっていた、ということも多いのではないでしょうか?

 防災も引越し同様人生で何度も行うことではありませんので、自分流でやったとしてもうまくできているのかどうか確かめる方法はあまりありません。
うまく家具を固定したつもりがいざ揺れが来てみるとあっという間に外れてしまったという事故が起こる可能性もあります。
命にかかわることですので、引越しを機に業者に頼んで万全の対策を行ってはいかがでしょうか?

引越し業者のサービス:女性専用

 引越し業者や運送業者というと、筋骨隆々な男性スタッフが汗水たらして働くという姿がイメージされます。
確かに、額に汗して働く男性スタッフの姿はカッコいいですし、頼もしくさえあります。
しかし、そう思わない人も中にはいます。

 そんな人のために、引越しを女性スタッフの手で行うというサービスがあります。
通常の引越しでも、時折女性スタッフが混じっているという場合がありますが、
このサービスの場合には、全員が女性のスタッフなのです。
このサービスを依頼するのは、主に女性の一人暮らしです。

 引越しをするのは、当日だけ行けばそれでいいというわけではありません。
引越し前日には、食器などの梱包をしたり、こまごまとしたものをダンボールに入れなければなりません。
そういった下準備をした上で、当日はただ搬出入だけをすればいい、という状態にするのです。
しかし、何回も男性のスタッフに自分の部屋に上がられるのはなんかいやだ、と感じる人もいます。
もちろん、男性スタッフが悪いわけではありません。
しかしそんな人でも、女性のスタッフならば、何の嫌悪感も感じません。

 他にも、女性のスタッフを使うメリットというのはあります。
それは、荷物の梱包のときです。
荷物をダンボールに入れるとき、中にはデリケートな荷物もあります。
下着や服などは、あまり男性に触れてほしくないもの。
できればそういった荷物は自分で梱包するのが望ましいのですが、
どうしてもという場合には、女性のスタッフにやってもらえばいいのです。

 他にも、男性のスタッフにはない、女性のスタッフならではの細やかさと言うのがあります。
例えば、新居に荷物を入れるとき、荷解きまでお願いするとします。
そんな時、女性はキッチンの食器の配置などにこだわりがあったりしますが、
残念ながら男性スタッフには、そのこだわりが分かりません。
その点、女性スタッフであれば、その辺のセンスはありますので、きっと満足行く荷解きになります。

引越し業者のサービス:梱包材

 引越しをする際に、引越し業者が用いるものとして、梱包材があります。
もっとも最近では、地球環境のことを考えて、繰り返し使ったり、もしくは最初から梱包材のついたケースのようなものを用意している業者も。

 梱包材には、エアーキャップや新聞紙など様々な種類のものがありますが、代表選手といえばダンボール。
引越し業者がくれるダンボールには、業者の名前とロゴがしっかりと書かれているので、いい宣伝にもなります。
通常であれば、引越しの契約をした際に、ダンボールは無料でくれます。
ただし、ダンボールを本当に無料でくれるのかというと、そんなことはありません。
引越し料金の中に、実はダンボールの料金も含まれているのです。

 ですので、仮に「ダンボールは要りませんので引越し料金を安くしてください」といえば、引越し料金を安くしてくれます。
ダンボールの枚数や業者によっても異なりますが、概ね10000円といったところが相場です。

 しかし、ダンボールがなければ物を運ぶことが出来ません。
そういう場合にはどうしたらいいのでしょうか。
大きく分けて3つの方法があります。
1つ目は、スーパーマーケットやホームセンターでダンボールをもらってくるというものです。
もちろん無料ですので、お金はかかりません。
ただしこの場合、自分の希望する大きさのダンボールがあるとは、確約できません。
強度の面から行ってもいまいちということもあります。

 2つ目は、ホームセンターで新品のダンボールを購入するというものです。
売り物のダンボールであれば、自分の希望するサイズもゲットできますし、強度も申し分ありません。
しかし、いかんせん値段がかかります。
普通に揃えたら10000円くらいはしますので、結局値引き分と相殺されてしまいます。

 3つ目は、引越し業者から使わなくなった古いダンボールをもらうというもの。
業者のダンボールは強度もありますので、何回かは使えます。
サイズも手ごろですので、こちらをおすすめします。

引越し業者のサービス:海外引越し

海外

 今や日本もグローバル社会。
引越しも日本国内にとどまりません。
日本国内から国外、あるいは国外から日本への引越しというのも増えております。
そういった増大する海外引越しの需要に、引越し業者も対応しております。
海外を伴った引越しというのを、積極的に行っているのです。

 しかし、日本国内での引越しでさえ、結構な料金がかかるもの。
まして国外を伴う引越しであったとしたならば、それはとてつもなく高い料金があるのではないか、と不安がる人も多いです。
日本国内では、引越し料金を安く抑える料金プランとして、単身パックというような料金があります。
これは、主に単身者を対象としたもので、コンテナに積みきれるサイズに引越しの荷物を限定することで、価格を抑えるというものです。
実はこの単身パックというシステムは、国外の引越しにも対応しているのです。

 しかも、料金もかなり抑え目に設定されています。
例えば、ダンボールMサイズが3個、Sサイズが3個、衣装ケースが2個積みます。
さらに空気清浄機に炊飯器、電子レンジに電気ポット、掃除機にカラーボックス、そしてゴルフバッグなど、日用品からレジャー用品まで積み込むとしましょう。
これだけ積んで、料金は115000円からという業者もあります。
これが最低サイズの料金ですが、もう少し大きいサイズのものもあります。
もう少し大きいサイズとなりますとダンボールSが3個、Mサイズが3個、そして衣装ケースが1個多く積むことができます。
これで料金は149000円からだというのです。

 もちろん、積み込むアイテムは、これ以外でも大丈夫です。
ちなみに料金は、国外のどの国かによっても料金が異なります。
沿岸部のアジア地域は安く、ヨーロッパやアメリカがそれに続きます。
意外と中国の内陸部の料金が高いのです。
ただし、詳細については、一度引越し業者に問い合わせをおすすめします。
電話でもメールでも受け付けていますので、気軽に問い合わせができます。