引越しの手続き:1ヶ月以上前にすべきこと

 現在、賃貸住宅にお住まいの方が引越しをされる場合の手続きについて説明します。
1ヶ月以上前にすべきこととしては、第一に現在居住している賃貸住宅の貸主に連絡することがあげられます。物件によって異なりますので、個別の賃貸契約書を確認する必要がありますが、「退去の際には1ヶ月前までに連絡すること」となっているケースが一般的です。

 貸主に連絡する際には、最終的な退去日(引越し日)が決定していないこともあるかと思いますが、まずは、退去するということを連絡しましょう。 連絡が遅れた場合の対応も貸主によって異なりますが、連絡日から1ヶ月後の日を退去日として家賃計算をされる場合もありますし、当該月の家賃は日割り計算しないという場合もあります。いずれにしても引越しが決定したら、すぐに連絡を入れて日程調整することが大切です。

 次に引越し業者の決定です。まずは、複数の会社に見積もりを取りましょう。見積は無料ですから、一度にいくつもの会社に見積り依頼できるサイトもありますので活用するとよいでしょう。
但し、引越しの見積もりはネットだけでは完結しません。訪問見積を行わないと確実な価格は出ませんので、そういったスケジュールも念頭に置いて何社に依頼するか決めましょう。 また、価格だけでなく、連絡のスピードや訪問時の対応なども考慮して、引越し業者を決定します。 また、業者によっては平日割引、仏滅割引などを行っています。
一般的には、春先の3月~4月は引越しが多く、繁忙期となりますので費用が高くなります。
 その他の時期でも週末は高く、週中の平日は安くなります。このように引越し日によっても価格が異なりますからそのあたりも考慮して日程調整を行うとよいでしょう。 引越し業者との間で退去日(引越し日)が決定したら、再度、貸主に連絡を入れて、家賃計算や鍵の返却方法などを調整します。

 また、1ヶ月以上前の時期から、この後に必要な手続きのチェックリストを作って、何をすべきか確認しておくと土壇場であわてることがなくスムーズです。

引越し業者の比較見積もり

 引越し業者を一括見積りで引越し料金を比較! 引越し見積

  • 見積もりだけならもちろん無料!
  • 超簡単!1分で料金相場が分かります。
  • 利用者の92%以上が『また利用する』と回答!
  • 利用者の口コミが見えるから安心・安全なサービス。

ほかの人より安く。引越し見積もり。