引越しのトラブル例:延期・キャンセル

 引越しをするには、いろいろと準備をしなければなりません。
自分だけで引越しができるほど荷物が少ないのであれば、別に構いません。
しかし、そうでないのならば、引越し業者を決める必要があります。
業者を決めたら見積りを取って、そこから契約をして、最終的な引越しの日取りを決めるという段階になります。

 しかし、すべてが予定通りにいくとは限りません。
引越し直前に身内に不幸があったり、台風が接近しそうなのでキャンセルや延期をしたいという場合があります。
そういう場合、引越し業者はどのような対応を取ってくれるのでしょうか。

 「標準引越運送約款」によると、こういった事態の場合、以下のような料金を請求することができるようになっています。
引越し前日にキャンセルという場合には、引越し料金の10パーセント以内、それが引越し当日となると、引越し料金の20パーセント以内というような料金が発生します。
ここで気をつけたいのは、これは延期も含まれるということです。
ちなみに、2日以上前であれば、このような違約金の性格の料金は請求されません。

 ただし、前述のように、引越しというのは時間がかかりますので、事前にいろいろと段取りを打ちます。
引越し当日の数日前に、スタッフが食器などの梱包をするという業者もあります。
このように、すでに実施してしまったサービスに関しては、そのサービスに費やされた費用というのを請求される可能性があるのです。
また、引越しの業者によっては、引越し前にダンボールやクラフトテープを無料でおいていってくれたり、契約のときに何かものをくれたりすることがあります。
こういった物品は、返却をするか、実費で買取をしないといけないということになっています。
もちろん業者によっては、そうしないところもあります。

 理由は、どんな理由であろうと関係ありません。
自分の都合であろうが身内の不幸であろうが、請求はされてしまいます。
ただし、業者によっては、延期の場合のキャンセル料は相談次第でとられない可能性もあります。

引越しのトラブル例:見積もり

 新年度やその他区切りの良い時期になると、一人暮らしや仕事の事情等様々な理由から引越しというものをお考えになる方達が多くなります。そして、引越しを決めるとまず最初に行うことが業者と見積りに関する話し合いを行うことです。この時に、大切なことは業者を2ないし3社選び出すことが大切です。これは、1社だけですと受付の対応が良いのか分からないだけではなく引越し作業の全行程の作業、料金が正しいものになっているか判断することが難しいからです。
そして、引越し業者と見積もりの話し合いを進めていくと必ず起こりうることがキャンセルすることです。これは、料金と作業が満足のいくものではない、急遽引越しをしなくても良い状態になった、引越しは今すぐに準備しなくても良くなった等個人によって様々な理由から取りやめになることがあります。

 このような時にも、意外と知られていない事があります。それは、引越し業者にキャンセルの趣旨を伝えるときにはいつ連絡しても良いというわけではありません。ある期日までにその趣旨の連絡を伝えなければ料金が発生します。引越しという物自体には商品ということではありませんが業者が行なっているのは引越しを代行してくれるサービスと言う意味で私達はそのサービスという商品を見積もりという段階で取り決めをして購入するということなので、それを取りやめるということになると追加料金を支払う必要があります。
又、そのサービスを購入するということなので、一回契約を結ぶとこのサービスは返品ということは出来ないので、引越し前日は10パーセント、当日は20パーセントといった引越し料金の一部を支払うということになります。

 これは、より具体的にいいますと、引越しをしなくても良いということになっていつでも連絡しても良いと思って当日ないし前日に連絡すると追加料金を払わなければならないので早めにキャンセルは連絡することが引越しのトラブルを回避することにも繋がります。