特殊な引越し:動植物の引越し方

neko
 引越しが決まると気がかりなのがペットや植木、観葉植物の輸送です。生命ある動植物はいかにストレスを減らし安全に運ぶかが重要なポイントです。

 動物の場合、一番安心なのは家族と一緒に自家用車で移動する方法です。途中の体調の変化に気づきやすく早めに対処できます。遠方への引越しで空輸する時は、頑丈なゲージに入れ貨物室内で運ばれます。カメや昆虫などは客室に持ち込める航空会社もあります。空調は客室同様ですが、乗降時に外気にさらされます。空港での待機時にどのような扱いをしてもらえるかでストレスの度合いも大きく異なります。航空会社によって細かなサービスの違いがあるのでよく確かめましょう。鉄道を利用すれば飼い主と一緒に移動でき費用も空輸より安く済みますが、小型犬以下のサイズに限られ一般客と同じ車両なので吠え声や臭いに細心の注意が欠かせません。家族と一緒に移動できない時は、引越し業者のオプションを利用するかペット専門の輸送業者に依頼します。引越し業者で動物の輸送を扱っている所でも専用車による直行便や航空機との併用便、トラックとの併用便など様々なタイプがあります。料金は移動距離、個体のサイズにより決まります。普通の荷物との混載になる場合もありますが、最近では、動物専門のスタッフが付き添って移動する業者も出てきました。ペット専門の輸送業者の場合は、専門のノウハウで荷物としてでなく大切に運んでくれる所がほとんどです。飼い主が車に同乗できる業者もあります。料金はかなり高めですが安心感が一番のメリットです。

 次に植物の場合は、大きさによって依頼先が異なります。観葉植物など鉢植えは引越し業者で段ボール箱などを使って運んでもらえますが、見積もりの際に数や大きさを伝えておいた方が良いでしょう。万一、枝が折れたり枯れたりしても補償してもらえない業者が多いので納得の上利用しましょう。数メートルの庭木など大きな植木は、造園などの専門業者に依頼する必要があります。植え替え作業も含め任せた方が便利です。

 大切な動植物の引越しは、新しい地で共に元気にスタートできるよう事前に依頼先のサービスをよく調べて最善の選択をしましょう。

動物にも優しい引越し業者選びは引越し業者 見積もりがおすすめです。