引越しの手続き:前日までにすべきこと

 引越しの手続きなどや前日までに準備すべきことはいくつかあります。

 引越し当日になると手遅れになったり慌てる可能性もあるので、前日までには様々な手続きを終え、必要なものをそろえたり、準備をしっかり行うことが非常に大切です。
まず自分が荷造りをするプランの場合、荷造りが終わっているか確認します。当日まで使用するものはひとつの箱にまとめておくようにすることで、当日は箱を閉じればよいだけになるので楽です。
通常、引越し前々日までに引越し業者から連絡が来ます。その際に、もし荷物が増えてしまったなど変更点があった場合は、その旨を伝えるようにします。

 次に現金の用意です。引越し当日に引越し業者に支払うお金やガス代や日割り家賃など、前もってわかる分は必ず準備します。

 さらに交通費や食事代なども考えて、少し多めに持つ方が無難です。

 さらに挨拶品の用意をします。近隣の方や友人などの分、また手伝ってくれる友人がいればその分も用意します。挨拶ですが、当日には会えない可能性もあるので、なるべく前日に挨拶をしておいた方がよいでしょう。そうすることで、自分自身も引越し当日にバタバタとすることがなくなります。また、新居の近隣の方への挨拶品も用意しておけば、すぐに挨拶に行くことができます。

 そして忘れてはいけないのが、旧宅と転居先の掃除です。それまで住んでいた家ももちろん出来る限り掃除します。しかし綺麗に掃除ができるので、荷物がすべてなくなってから最後の掃除をするとよいです。したがって、荷造りの時点で掃除道具もまとめてしまわないように注意が必要です。そして転居先は引越し当日になると荷物が入ってくるので、掃除がしにくくなります。そのため前日までに掃除を済ませておくことが必要です。

 以上が引越し前日までに主にすべきことです。安心して苦労することなく、スムーズに引越しができるように、このように前もってしっかりと準備することが大切です。