海外引越しの注意点

 日本国内の引っ越しと、海外への引っ越しで、最も大きな違いといえば、通関手続きがあります。
国内の引っ越しであれば、原則的にどのような荷物であろうと運ぶことは出来ます。
しかし、海外へ引越しをする場合には、荷物の種類によっては引っ越しできないという場合も、ない話ではありません。

 まず、海外へ持ち出すことができないというものがあります。
それは、違法薬物はもちろんですが、拳銃や偽造通貨やわいせつDVD、偽ブランド品、そしてスプレーやベンジンなどの発火性の高いものです。
これらは引越しの時に限らず、海外旅行のときにも持ち出しができません。

 次に、特別な手続きが必要となるものです。
まずはお米です。
お米の場合には、食糧事務所へ届出をしなければなりません。
医薬品に関しては、あまりに多い量の薬ですと、転売目的と疑われますので、多い量を持っていく場合には、厚生労働省へ届出が必要です。
化粧品も気をつけたいところです。
あまりに1種類のものを大量に持ち出すと、これも転売の恐れありと判断されます。

 動物検疫や植物検疫が必要なものというのもあります。
肉製品や乳製品などが、それに相当します。
ドライフラワーや生木の彫り物、殻のついたアクセサリーなども必要となります。

 引越しをする際には、ダンボールに梱包をすることとなります。
梱包の際に、上記の物を入れないようにすることはもちろんのこと、それ以外のものについても、梱包証明書というものを記入しなければなりません。
ダンボールごとに番号を振っていき、その番号のダンボールの中に何が入っているかを、詳細に記入します。
本やアルバム、そしてスーツといった具合です。
数量と保険金額も記入します。

 引越し業者では、万が一のときのために、荷物に対して保険をかけています。
その金額は、最大で補償される金額となりますので、納得できる金額を書きましょう。
最後に、合計の保険金額と自分の署名を入れて、終了です。

引越し業者のサービス:海外引越し

海外

 今や日本もグローバル社会。
引越しも日本国内にとどまりません。
日本国内から国外、あるいは国外から日本への引越しというのも増えております。
そういった増大する海外引越しの需要に、引越し業者も対応しております。
海外を伴った引越しというのを、積極的に行っているのです。

 しかし、日本国内での引越しでさえ、結構な料金がかかるもの。
まして国外を伴う引越しであったとしたならば、それはとてつもなく高い料金があるのではないか、と不安がる人も多いです。
日本国内では、引越し料金を安く抑える料金プランとして、単身パックというような料金があります。
これは、主に単身者を対象としたもので、コンテナに積みきれるサイズに引越しの荷物を限定することで、価格を抑えるというものです。
実はこの単身パックというシステムは、国外の引越しにも対応しているのです。

 しかも、料金もかなり抑え目に設定されています。
例えば、ダンボールMサイズが3個、Sサイズが3個、衣装ケースが2個積みます。
さらに空気清浄機に炊飯器、電子レンジに電気ポット、掃除機にカラーボックス、そしてゴルフバッグなど、日用品からレジャー用品まで積み込むとしましょう。
これだけ積んで、料金は115000円からという業者もあります。
これが最低サイズの料金ですが、もう少し大きいサイズのものもあります。
もう少し大きいサイズとなりますとダンボールSが3個、Mサイズが3個、そして衣装ケースが1個多く積むことができます。
これで料金は149000円からだというのです。

 もちろん、積み込むアイテムは、これ以外でも大丈夫です。
ちなみに料金は、国外のどの国かによっても料金が異なります。
沿岸部のアジア地域は安く、ヨーロッパやアメリカがそれに続きます。
意外と中国の内陸部の料金が高いのです。
ただし、詳細については、一度引越し業者に問い合わせをおすすめします。
電話でもメールでも受け付けていますので、気軽に問い合わせができます。