特殊な引越し:美術品・骨董品の引越し方

 引越しを希望する方には、一人暮らしや転勤による引越し等じつに様々な理由から引越しを行う方がいらっしゃいます。そして、その引越しをする際の荷物にはそれぞれ違った荷物があります。又、このような荷物の中には通常の家電や家具、趣味のものや芸術関連が好きな方であれば美術品や骨董品というものもあります。
しかし、このような芸術品の荷物を移送する場合は、特殊な例といえますので大手引越し業者には専門サービスが存在します。その中には更に区分分けされており、法人向けでは具体的に芸術品を扱う会社やお店の移転、作家向けというサービスではその意味のまま作家自ら製作した芸術作品に傷を付けず専門的な技術を要する運送方法、個展を開く際にその会場へ作品を運ぶ際に必要なサービス、そして一番私達に身近な個人向けサービスというようにそれぞれの状況に合わせて専門的なサービスが用意されています。

 そして、この中から個人向けサービスの場合の説明を致します。
これは、個人が国内から国内のどこかに引越し、国内から海外に引越し、海外から国内に引越しというパターンに応じて通常のスタッフとは別に訓練を受けた美術品専門スタッフによる輸送サービスというものが存在します。又、梱包方法も家具というように単一の梱包ではなく、絵画や彫刻、陶磁器から骨董品、仏壇、高級家具等など細かくカテゴリー分けをされたものを実際の物と照らし合わせながらそれぞれ専門的な技術を要する品物の梱包を行います。

 次に、車両も通常のものと違います。主に美術専用車両と呼ばれる温度と湿度を一定に保つことが出来る空調設備付きと輸送中の振動をやわらげるサスペンションを搭載している車両なので温度湿度による塗料の劣化や品物のヒビ、それから振動による骨董品の割れや傷、転倒というトラブルを回避出来るような機能を有しているので最大限安全性に特化した機能といえます。
次に海外にも対応している引越し業者も多いので、海外向けに輸送場合にも適時対応していただけるサービスもあります。又、輸送後の品物の状態を確認出来るサービスもあるところもあるので自分の目でしっかり確認することが出来ます。