引越しの荷造り・梱包のコツ

梱包のコツ
 引越しが決まったら、早めに始めたいのが荷造りです。最近は引越し業者に荷造りをお願いする人も増えてきていますが、使っていないものを転居先に運ぶのも手間がかかります。

 せっかくの機会ですから、まずは不用品を思い切って処分してしまいましょう。不用品の処分が終わったら、自分で荷造りする場合には、引越し業者から段ボールを受け取り、当面使わないものから荷造りを始めましょう。違う季節の衣類や書籍類、お客様用の食器などを順に梱包していきます。
衣類は軽いので大きめの段ボールに、食器類や書籍類は重いので小さめの段ボールに梱包します。
食器類はミラーマットやクッションペーパーなどを使用して、縦に並べて梱包すると割れにくくなります。段ボール箱の表記として「割れ物」と赤のマジックで書いておくと目立ちます。

 また、机の中身なども順に梱包していきますが、引き出しごとに梱包し、上の引き出しから順に番号を振って段ボールに記載しておくと、荷物を開けるときに迷うことがありません。食器類についてもマジックで「食器・当面不要」、「食器・すぐに必要」などと段ボールに書いておきましょう。調味料類やシャンプー、洗剤などで液体のものはきちんとキャップを閉め、ふたの部分をビニールで覆って留めておくと万一の漏れに備えられます。

 また、アイスクリームや冷凍食品は計画的に食べきってしまいましょう。パソコンはデータのバックアップを取り、ノート型など軽いものは、できるだけ自分で手荷物として運ぶ方が安心です。引越しの直前まで使っていたものは、引っ越しと同時に梱包することになりますが、こうしたものは引っ越し先でもすぐに開けたい場合が多いものです。段ボールに赤のマジックで「すぐに開ける」と書き、番号をふっておきましょう。すぐに開ける箱が5箱、などと把握できていれば、移動先でもスムーズです。なお、段ボール箱への記載は上面のほか、両側面にも同じことを書いておくと、箱が積み重ねてあってもすぐにわかります。

引越し業者のサービス:荷造り・荷解き

 引越しの作業の中で、トラックへの荷物の積み込みや、新居での荷物の下ろし作業と言うのは、引越し業者が行って貰えますが、荷物の荷造りや荷解きと言う作業は、基本的には自らが行う事が多いものです。
しかし、引越し業者によっては、この荷物の荷造りから荷解きまでの一貫したサービスをおこなってくれる業者が有ります。
当然費用は掛かりますが、仕事などの関係で、忙しく、引越しの準備などを行う事が出来ない場合には便利なサービスと言えます。
また、子供が小さく、荷造りなどの作業が出来ない場合などでも利用価値が高いサービスと言えるのです。

 しかしながら、段ボール箱に荷物を分別しながら詰め込みますので、プライバシーと言うものが丸裸になると言うデメリットが有ります。
そのため、男性の荷物は男性スタッフが行い、女性の荷物は女性のスタッフが行う事を行うのです。
台所などにある食器類は、引越しの際には面倒な作業を強いられる事になります。

 1枚1枚、お皿などの食器を新聞紙を利用して包んでから、ダンボール箱につめていく事になります。
引越し先では、そのお皿を一旦洗浄を行い、乾かしてから食器棚に収納するという作業が必要になるのです。

 最近の引越しでは、ダンボール箱につめるのではなく、食器などの専用梱包材があり、それを利用する事で、新聞紙などを使って1つずつ包む事が不要になります。
引越し業者に全てを任せる場合などでは、業者は専用の梱包材を利用して行いますので、作業自体は簡略化が可能になるのです。
尚、業者に任せる場合は、入れてあった場所にある品物を一つやいくつかのダンボールに詰め込んで行き、荷解きする場合も、元にあった場所に荷物を戻してくれます。

 因みに、このようなサービスには、いくつかのプランが用意されているケースが有ります。
ダンボールに荷物を詰め込むだけのプラン、荷物を箱から出して収納にしまって貰うだけのプラン、そして両方を一括で行うプランが有ります。