引越し業者の相見積もりをする方法と比較ポイント

 引越しをする時に引越し業者に依頼をするのであれば、いろんな比較ポイントがあります。
例えばどんなところを比較するようになるかというと、まずはどんなサービスがあるというところがあります。
お得で価値のあるサービスというのはとても魅力的ですので、比較のポイントになることでしょう。

比較ポイント

 しかしなんと言っても、大きな決め手になるのが、その料金です。
もしも引越し料金が安くすむのであれば、当然その方がよくなります。
相見積もりをした時に料金の比較ポイントとしては、安い方を選ぶことです。
しかし数千円の差額であれば、サービスのいい方を選んでしまうかもしれませんが、数万円も違うようでは、やはり安い業者を選んでしまう事でしょう。
引越し料金を安くしたいのであれば、引越し業者の相見積もりをするところにあります。
その時の方法としてあるのが、インターネットで簡単に数社の見積もりをすることが出来る方法もあります。

 ですので時間のない人などの場合は、そういったものを利用してみるようにするといいでしょう。
時間がないときでも気軽に見積もりをとることができますので、とても便利に使うことができます。
しかし一番いいのは、実際に家に来てもらって見積もりをしてもらうという事です。

 そこでとても手間のかかる作業ではありますが、いろんな業者に家まで来てもらって相場をしるようにしなくてはなりません。
そして数社から見積もり書をもらったのであれば、そこから交渉を始めていくようにするといいでしょう。
競合の業者がいることが分かれば、お客様を他の業者にとられてはいけませんので、引越し業者としても少しでも安くしようとしてくれるはずです。
相見積もりをすることによって、少しでも安い業者を探すことができるようになり、なおかつ通常よりも安い値段で引越しをお願いできるようになっていくのです。
ですので、引越しの時には相見積は欠かすことができないものとなっているといえます。

引越し業者を選ぶポイント:引越し料金

 引越し業者に引越しを依頼するときに最も気になることはなんといっても料金でしょう。
単刀直入に言って料金相場はいくらくらいなのか知りたくなるところだと思います。
 ですがその前に、引越しは依頼する方法や時期によって大きく料金が異なるという事実をご存知でしょうか?
その点を抑えておかないと単に料金だけ見て安いと思っても実は損をしている、ということも考えられます。

引越し料金

 まず、引越しの料金が決定される仕組みについてです。
引越し業は法律によって定められた基礎運賃があります。
時間と距離によって算出されますが、これは法律で決まっているので高額になりすぎる心配はありません。
それに引越し業者が引越しのためにかける経費と、家具の設置を始めとしたオプションサービスを含めた値段が引越しにかかるトータルの金額になります。

 ここでポイントになるのは経費とオプション金額です。
基礎運賃の方はほぼ決まっているのでこの2つをいかに安く抑えられるかが問題になります。

 次に時期についての問題があります。
通常、引越しの件数が増えるシーズンというものがあり、そういう時期には業者は利益を上げるために料金を高めに設定してきます。
具体的には進学、就職のシーズンである3月、夏休みのある8月、そしてビジネスの半期に当たる9月末頃です。
もし可能であれば、これらのシーズンを外して引越しをすることをオススメします。
とは言え、これらの時期に関係する事情で引っ越さなければならないこともあると思うので出来る場合だけでOKです。
引越しの時期をある程度ずらす事ができるのなら、思い立った時期ではなく比較的引越しが流行らないシーズンに依頼することで料金をを安く抑えることができます。
これらのポイントを抑えた上で結局のところ、料金相場はいくら位になるのかということですが、一番確実なのは複数の業者にまとめて見積もりを依頼することです。

 既にご説明したとおり、引越しの料金決定には色々な要素が多数含まれています。
そのため、相場は常に変動しているので、見積もりを比較するのが最も確実な方法なのです。

引越しの手続き:2週間以上前にすべきこと

 引越予定日が近づき、2週間程度になると、荷造りを本領発揮して行う事や、粗大ごみの処分などを早急に行う必要が有ります。
また、転居先の間取図を利用して、部屋の中のレイアウトを考えるなど、やる事が沢山あると言えます。

 引越しを決めると、引越し業者を探す事になるわけですが、この時1社からの見積りを行うのではなく、複数の業者からの見積もりを取る事が一般的になっています。
また、見積もりを一社一社依頼をする事は大変ですが、最近はインターネットを利用する事で、複数の引越し業者に見積りを作って貰えるウェブサイトが有りますので、このようなウェブサイトを利用する事で、1度に複数の見積もりを取り寄せる事が可能になります。
そのため、業者選びも、金額や応対の仕方などで決める事が可能になるのです。

 粗大ごみの処分は、住んでいる地域の市役所や区役所などに申し込みを行い、予約をした後に、引き取り手数料を納付するために、コンビニエンスストアーなどに出向いて、手数料の納付を行い、シールを受け取り、そのシールを不用品に貼り付け、更に引き取り予定日の前に不用品を指定の場所に出しておくなど、色々な事を行う必要が有ります。

 引越し前、2週間と言う期間は、色々な事を行う必要があり、多忙な日々となるわけですので、計画を立てて行動をする事が大切なのです。
そのため、引越しはプランが必要で、何時何時までに何を行うのかをメモするなどして整理をしておく事がポイントと言えます。

 尚、初めて引越を行うケースも有るかと思われますが、初めて行う人は、何時までに何をやれば良いのかと言う事が意外と解り難いものです。
しかしながら、不用品を出して、引越しの荷物を少なくする事は、新居での収納を広く使える事でもあるため、早めに不用品をまとめておいて、それを処分する事は大切なことと言えます。
また、初めての人は、インターネットの中にある引越しスケジュールなどについて説明をしているウェブサイトが有りますので、そのようなウェブサイトを利用すると、何時までに何をすれば良いのかなどの情報を知る事が可能です。

引越しの手続き:1ヶ月以上前にすべきこと

 現在、賃貸住宅にお住まいの方が引越しをされる場合の手続きについて説明します。
1ヶ月以上前にすべきこととしては、第一に現在居住している賃貸住宅の貸主に連絡することがあげられます。物件によって異なりますので、個別の賃貸契約書を確認する必要がありますが、「退去の際には1ヶ月前までに連絡すること」となっているケースが一般的です。

 貸主に連絡する際には、最終的な退去日(引越し日)が決定していないこともあるかと思いますが、まずは、退去するということを連絡しましょう。 連絡が遅れた場合の対応も貸主によって異なりますが、連絡日から1ヶ月後の日を退去日として家賃計算をされる場合もありますし、当該月の家賃は日割り計算しないという場合もあります。いずれにしても引越しが決定したら、すぐに連絡を入れて日程調整することが大切です。

 次に引越し業者の決定です。まずは、複数の会社に見積もりを取りましょう。見積は無料ですから、一度にいくつもの会社に見積り依頼できるサイトもありますので活用するとよいでしょう。
但し、引越しの見積もりはネットだけでは完結しません。訪問見積を行わないと確実な価格は出ませんので、そういったスケジュールも念頭に置いて何社に依頼するか決めましょう。 また、価格だけでなく、連絡のスピードや訪問時の対応なども考慮して、引越し業者を決定します。 また、業者によっては平日割引、仏滅割引などを行っています。
一般的には、春先の3月~4月は引越しが多く、繁忙期となりますので費用が高くなります。
 その他の時期でも週末は高く、週中の平日は安くなります。このように引越し日によっても価格が異なりますからそのあたりも考慮して日程調整を行うとよいでしょう。 引越し業者との間で退去日(引越し日)が決定したら、再度、貸主に連絡を入れて、家賃計算や鍵の返却方法などを調整します。

 また、1ヶ月以上前の時期から、この後に必要な手続きのチェックリストを作って、何をすべきか確認しておくと土壇場であわてることがなくスムーズです。